秋武政道のマーケティングのはなし

社会的意義をもった事業や自活できるまちづくり事業のマーケティングについて考えています。

最近の若者と付き合う(4)

 今、若者を中心に絶大な人気を誇るマンガ「ONEPIECE」。
 
 現在60巻を超える単行本の発売で、新しい巻が発売されるたびに、400万部を超える売り上げと聞いています。

 一般的に、本が100万部売れると、その翌年には「世の中の風潮が変わる」などと言われるようです。

 例えば、2000年に翻訳本が発売された「金持ち父さん貧乏父さん」が、100万部を超えて売れると、その後「拝金主義」みたいな風潮が出てくる。2008〜2010年ごろ、「ホームレス中学生」がたくさん売れると、「ホームレスだっていいじゃん!」みたいな風潮が生まれてくるような感じです。

 そんなミリオンセラーの威力がある中で、ワンピースは、なんと1巻で400万部超え。これはもう、世の中が「ワンピース的に運営されていく!」といってもいいのではないかと思われるわけです。

 特に、若者世代では。

 ワンピースでは、主人公のルフィが、強烈なリーダーシップを発揮します。それは「おれは、みんながいないと何もできない自信がある!」です。軍隊型のガンダムや、カリスマ型のドラゴンボールZ孫悟空の時代に慣れてきたオヤジ世代には、かなり違和感のある言葉です。

 ルフィには、夢があります。「海賊王になる」です。
 しかし、ルフィの仲間たちは、決して「海賊王になりたい」わけではありません。それぞれに、別々の夢があります。なのに、仲間として一緒に航海を始めます。なぜでしょう?

 「この仲間と、一緒にいれば、私の夢も叶うかも・・・」

 つまり、それぞれのメンバーが、お互いの夢を認識し、共有してるからこそ、チームとしてまとまるわけです。

 「みんながいないと何もできない」と公言するリーダーに、「リーダーの夢は海賊王かもしれんけど、俺は違う」という我が道をいくメンバーたち。でも、仲間として付き合える。敵と戦う。

 そんなリーダーシップのあり方が、若者中心に広がっていく。

 さて、私のようなオヤジ世代は、そんな若者たちと、上手に付き合っていけるのでしょうか?

 では、また、ごきげんよう!

最近の若者と付き合う(3)

 正直、我々世代でもそうなんだけど、よく、注意、忠告する先輩は、煙たがれますよね。

 こんなことをしゃーしゃーと書くと、また、「先輩のことを何だと思ってんだ!!」「あいつはとんでもない」と怒られそうですが、でも実際、以前ほど「叱って、怒って、鍛え上げる」なんてのが通用しなくなってます。もろ、体育会系の崩壊と言いましょうか?

 もちろん、今でも体育会系の若者はいるわけで、その方々をしっかりまちづくりに取り込めるならいいけれども、先輩後輩の立場が明確な青年会議所でも、最近は体育会系のリーダーシップが通用しづらくなってるのではないかと思います。

 いろいろな、まちづくり団体やグループが増え、組織の縛りがユルユルで、居場所の選択肢がひろがった現在、「こうしろ」とか「俺が指導する」というリーダーシップの取り方は、逆に、組織員や仲間を失ってしまうリスクが高くなっています。

「あの人がおらんのなら、参加します」なんて言われないように、

気をつけないといけない時代のようです(^^) へ〜こら気を使う必要はないけど、常に、「参加させて欲しい」と思われる立場を維持しとかないといけないですね。

 裏を返せば、「そんなこと言うなら、来なくたっていいんだよ」って、言える強い立場なのですが、さてこの強い立場って、どのように維持すればいいんでしょうか?

 以前のように、先輩として飲ませ食わせ、あるいは、取引先として仕事を出す、なんて「損得」が通用しなくなった時代のリーダーシップ。しかも、あの先輩は「男らしい」みたいな、リスペクトする人に対する価値観も変わってきてるようです。

 で、私はどのようにしてるかというと、最近、よく読まれているマンガ「ONE PIECE」型のリーダーシップを進めています。私のやり方が、うまくいくこともあれば行かないこともありますが、このワンピース型のリーダーシップは、かなり今の時代にぴったりではないかと思っておりますので、次回ご紹介いたしますね。

 ごきげんよう!

最近の若者と付き合う(2)

 今の若い世代(概ね20〜30代前半)と付き合うときに気をつけないといけないことは、ほんとにたくさんあります。

 これらの世代でも、事業家で、ビジネスがうまくいってる方々は、お金にも余裕があり、自分のライフスタイルで我が道を行ってる方が多く、殆どの場合、ボランティア的まちづくり活動には興味がありません。

 もしあるとしたら、社会的課題をいかに解決するためのビジネスモデルを組み、それに対する投資価値などに、バリバリ興味があるくらいだと思います。ソーシャルアントレプレナーなどと言われる、社会的起業家たちです。

 もちろん、このような方々が、まちづくりに参画してくれることはとても嬉しいことなのですが、このような方々は、ほんの一部です。

 そこで、街づくりを是非応援して欲しい、将来の後継候補となるのが、年収120万円生活の若者たちです。彼らは、まちづくりに大きな興味を持ってる人たちが多いです。しかも、「自分の趣味を活かして社会貢献」という、ミッション的意識も少なからず持っていますので、とても力になってくれます。

 しかし、彼らのまちづくり参加スタイルと、今までの年配まちづくり活動家との意識は大きくことなります。

 例えば、飲み会。

 私たちオヤジ世代は、「飲み二ケーション」をとても大切にしました。毎晩のように飲み明かし、2次会、3次会、ひどい時には5次回ぐらいまで、先輩が後輩を引き連れていく。これは、代々受けつがれる伝統的まちづくりです。

 しかし、しかしです。

 そもそも、今の若い人たちは、「あまりお酒を飲みません!」また、飲むために使うお金も持ってません。ちゅうか、「なぜ、先輩と一緒に飲みに行かねばならないのか??」「飲み代3000円?高すぎるのでは??」こんな感覚です。

 はっきり申しましょう。

 はい、「飲み二ケーションの時代は終わりました。」

 「飲めばわかる!」なんてことはありません。飲まないとわからないような人とは、付き合いたくもないし、飲むのなら「ただ、楽しく飲みたい」だけでございます。

 ということで、全く不可解なる若者たちの習性を、もう少し続けます。

 ごきげんよう。

 

最近の若者とつきあう(1)

 神田昌典さんによると、現在の若者たち(概ね20〜30代の前半)の価値観は、私たち50代の人たちとは大きく違うと言われます。

 もちろん、そう聞くと、「そりゃそうだろ!」って言われる方も多いと思います。時代が違う!って。

 しかし、決して「そりゃそうだろ!」では済まされるレベルではないと思うので、書き留めておきたいと思います。なぜなら、これからまちづくりに関して、ボランティアや運営メンバーを集める上で、この価値観の違いが、大きな「なんで?」を産んでしまう可能性があるからです。

 まず、現在の若者は、年収120万円で、普通に生活し、おまけに貯金までしてしまう、とんでもない生活能力があります。

 ・家は実家。飯はタダか多少の食費負担。
 ・クルマは、いらない。
 ・結婚しない。
 ・デートは、ジョイフル。
 ・飲み会は、カラオケか、北九州なら角打ち。

 いかがでしょうか?残念ながら、多分、私にはこのような生活はできません。今まで、浪費グセが、体中に染み込んでるので、早々生活を変えることはできないのです。

 こんな話を、我々より上の世代にすると、「秋武、そんなんで夢はないのか!!」って、なんだか私自身が怒られそうになることがよくあります。

 「いえいえ、決して、彼らに夢がないわけではないんです」

 そんな、私とは似ても似つかぬ生活習慣を持った彼らですが、でも彼らにも夢があります。それは、

 「自分の大好きな趣味を活かして、社会に貢献する」

 このようなことを考える若者が、それこそゴロゴロいるのです。

 例えば、手先の器用なのを活かして、雑貨や工芸品を作り、人々の生活を楽しませたり、料理が会い好きなのを活かして、海外に自分レストランをもち、日本文化を世界に広めるなど、素晴らしい夢を持っているのです。

 たしかに、高い車に乗ったり、豪華な家を建てたり、女子をはべらしたり、大きな会社の役職をあげたりという夢ではないかもしれません。しかし、意識レベルとしては、私より数段高いような気もします。

 そして、聞き捨てならないことに、今の時代、そんな夢を持つ若者たちが、「べらぼうに女にモテル」ということです。

 では、もうすこし彼らの生態について、考えてみたいと思います。

 ごきげんよう! 

こちらのブログも、ぼちぼち更新してみようかと思います。

今まで、私がまちづくりで活用してきたマーケティングの方法論を、書き留めていきたいと思います。
ほんのすこしでも、まちづくりの皆様の参考になると嬉しく思います。

秋武政道

 

テストtake3

何度も失礼・・・

もう一度、テスト

タイトルは?

テスト

facebookと連動するかしら?

政道、いいかげんにしろ!

毎日がサプライズ!!
-----------------------

とにかく、毎日毎日が、

「すごいやん!!」「一体どうなってんだ!!」

と、喜びの驚きが連続する日々がやってくる!

そんなメルマガになるように。

 ※こちら↓も、見といてね。
  http://blog.livedoor.jp/loveletters/

-----------------------

あーーーーーーーー、もう何とかしてくれ!!

私は、こんなに厳しんです!!

辛いんです!!!なんとかしたいんです!!

でも、何ともならないちゅうか、どうしていいかわからんのです!!


今日も株が下がった、円が上がったと、新聞紙上。

先行き不安な、しけた毎日を送っている秋武政道です。

円が上がれば、輸出が減る。
輸出が減れば、自動車工場などが減産する。
減産すれば、人が減らされ、その周りの協力工場も、
仕事がなくなり、庶民の財布がさびしくなる。

危機的状況。

年金の不安、物価高。
これからどうなるのか?心配で節約節約。
でも節約する金もない。

消費マインドが停滞してるというより、意地でも押し殺してる庶民。

もう財布の紐が固いどころじゃなくて、財布の中身がない!
そんな状況だと思う。

正直言うと、今の私の商売の減速は、並みじゃない。
きっと、あなたの会社はそんなことはないと思うけど、ほんとに
すごい危機感です。明日が危ない、今日をどうするか?

そんな心ばかりで過ごしています。

もっとほかにも、「イケナイ」ことはないか?

ここ一年、コンサルさぼってたから、盛り返しが厳しい。
メルマガの開読率が、少なすぎる。だから、セミナーもコンテンツも
売りずらい。

おまけに、今まで売上の80%を作ってた霜降りアジが品切れ。
入ってこない。買えないんじゃなくて、日本全国在庫がない。
その上、国産アジの不漁。獲れてない。

今年のお歳暮商戦は、干物の中でもメイン商品のアジなしで、
いったいどうするんだ?

食品偽装・・・。

門司港レトロも、観光客が減った。
もう、観光の目玉商品になりえない。
ガソリンが高くて、車も減った。買い物に来るわけない。

これから、子供も大きくなり金がかかる。
社員の給料だって、あげないわけいかない。

だから、苦しいんです!
辛いんです!
何とかしてほしいんです!

「日本一の商売人」

秋武政道も落ちぶれたもんです。
あの時のあの輝きはいったいどこへ行ったんだろう。

でも、こんなこと言ってっても何も変わらない。
人に愚痴っていても、同情なんてありえない。
同情されても仕方がない。

人に愚痴ってはいけないと言いながら、自分が一番愚痴ってる。

自分でなんとかしないと。


ごめん、

今日のメルマガはね、ためしに、書いてみた。


毎日がしけて、

「景気が悪い、魚が捕れん、観光客が少ない」

と、日々愚痴ってる私になんとかトドメを刺せないかと。


もしこれを、ほんとに人前で話したら、

 「お前いい加減にしろ。全部、人のせいにしやがって」

もし、自分だったらそう言って叱り飛ばすだろう。


でも、こうやって、「ダメな」わけをどんどん書いていくと、
気づくことがある。


 「なんだ?困ってることって、たったこんだけのことか?」


自分にとって、なにが逆境なのか?どんどん棚卸していくと、
書くことがなくなっていく。

「アホらし・・・」

そして、その書いた愚痴を、もう一度見直すとね・・・
以外と何かが見えてくる。

 「その上で、私はどうすればいいのか?」

が見えてくる。不思議なんです。

だったら、何ができるのか?

そうか、取り急ぎ、あれをやろう!!!

で、今日行った愚痴は、


  「と、思ったけど、やっぱりがんばるわ」


と、リセットして、さあ、元気にまいりましょう!!

   ↑と、最後にこの一文を書くことが大切! ←(重要)


「よし、今日中に、これとこれとこれをやるぞ!!
 よし、やった!!」

   ↑と、とどめににこの一文を書くことが大切! ←(超重要)


と、心が入れ替わったところで、

「よし、おれも熱海に行こう!!(笑)」
   ↓ クリック!!
 http://www.110soho.com/atami/atami6.htm

   ↑と、これに参加することが大切! ←(一番重要)

 

今のこの冷えた時期だからこそ、単に気づきを得るのが
目的じゃなく、しっかりと土台を作るためのセミナーです。

そして、この不況しっかりと乗り切り、不況われ関せず、
すいすいとルンルン経営を、一緒に実現しましょう!

   ↓

 http://www.110soho.com/atami/atami6.htm


※日ごろいろいろ心配事や、困難を持ってても、
 心を「やるぞ!」と、リセットできた人だけが来てくださいね。


                 秋武政道


実は、この心の転換法はね、


  「○○しない理由を言いまくって、
   自分がアホらしくなって行動する術」


 みたいなもんでね。意外とパワーあります。

 こちら↓も、見といてね。
 http://blog.livedoor.jp/loveletters/

-------------------------------------------------------

ぜひ、amazonで、レビューをお願いします。
「売れた!売れた!お客様の声で売れました!」秋武政道著
http://tinyurl.com/2aw5h7

【実例】反応の良かったセールスレター(その3)

毎日がサプライズ!
-----------------------

ほんと、毎日が驚きの連続であるような、
そんな商売をできればいいなぁ〜と思う今日この頃。
自分自身の脳が、若々しくないとね。

もしあなたもそう思うことがあるならば、
こちら↓へ、どうぞ。
http://www.110soho.com/atami/atami6.htm

※あなたの頭脳を研ぎ澄まし目覚めさせてくれるさせてくれる環境と、
 あなたのひらめきを誘発させてくれる実践プログラム。
 そして、あなたの頭脳をワンランク上に導いてくれる、
 専門実務経験豊富な4人のプロフェッショナルをご用意
 いたしました。あなたの思考が180度変化します。
 もちろん、今のままでいいのなら、無理には進めません。

ちょっとむりして、
 ↓
http://www.110soho.com/atami/atami6.htm

------------------------------------------------

【秋武さんへ質問です】

Q:「秋武さんは、このセールスレターがすごいみたいなことを
  言っていますが、私には全然ピンとこないし、読む気も
  起きません。もっと、違ったものはないのですか?」

A:「いや〜、ごもっともですよね。たしかに、私もこのようなセミナー
  に、関心がなければ、全然読む気もしないでしょうし、なんで??
  ですよ(笑)」

このようなご質問をされる方は、きっと、次のような考え方を
お持ちになって、読まれてるのではないかと思います。

 ・さて、反応のいいセールスレターって、どんなものだろう?

そして、とりあえず読んでみます。勉強のためにね。
でも、なんだかピンとこない。なんでやろうか?こんなんで、反応が
あるんやろうか?

そう思われる方はね、たぶん、たとえば「ザ・コピーライティング」の
本を読んだり、ダン・ケネディの「究極のセールスレター」を読んでも、
そこに載ってる実例をよんで、

「ほんとにこれで?」「うちの会社で使えるんやろうか?」

とか思いながら読んでると思うんです。
そして、「うちには、ちょっとね〜」そのまま宝の山を、書棚にお蔵入り
させてしまう。

大切なことは、

 ■実際に反応が良くて、効果があった!

ということなんです。申し訳ないけど、あなたの分析的な眼でご評価
いただけることはそれはそれでいいのですが、でも実際に効果が
あったものなのですから、それを否定されてしまうと紹介の意味も
なくなってしまいます。

なぜ効果があったのか?ぜひ、あなたが「セミナーを受ける立場」
「受けたくてたまらない立場」だったとしたらどう思うか?

このレターのターゲットとなる人に、感情移入をして読んでみてください。

そういう立場の置き方を「顧客視点」というのだと思います。

ひとつ、申し伝えておきますと、

「コピーライティングがうまくなる人の資質として、『無邪気』という
ものがあります。うまくなる人には、『無邪気に取り入れてテストする』
人が、とても多いのです。

あなたの思考・理論・理屈も尊重しますが、一番尊重すべきは、

 「実践」

です。

むやみやたらに、このサンプルのようなセールスレターを自社で使う
必要はありませんが、とりあえず、『無邪気に』実際にペンを手にとって

 「サンプルをまねて、書いてみる」

ぐらいの実践をされて見てはいかがでしょう?

面白い発見がたくさんあるはずです。

                        秋武政道

【サンプルを手本に、一回書いてみてん♪】

(第一回目のレター)
http://blog.livedoor.jp/loveletters/archives/51429182.html
(今回のレター)
http://www.110soho.com/atami/atami6.htm

 ↑上の二つのレター、よく読んで比べてみてくださいね。
  かなり学びが多いサンプルだと思います。
  
----------------------------------------------------------------

でもやっぱ、自分ではなかなかできんのよね〜・・・
だから、そんなあなたのために、↓こちらをご用意いたしました。、
http://www.110soho.com/atami/atami.htm

いつまでも、いいレターが描きたい、DMで反応を出したいと、
ぐだぐだ言ってるより、さっさと一気にやったほうがお得だと思いますが?

たった3日間。でもあなたには大切な3日間。
だからこそ、私もあなたのために頑張ります。

3日間留守にした後、嫁さんや社員さんにすっきりした顔で、
満面の笑みを見せてあげてください。

--------------------------------------------------------------------

■あなたの会社に、ピッタンコのレターを・・・

セールスレターの体裁は、たった一つではありません。
あなたの会社にピッタンコ!の

「注文がザクザク!」「電話がジャンジャン!!」

のレターとツールを作り上げましょう!!【読んで比べてみよう】

【少数限定15名】
私と4人の特別講師が、あなたと一緒にみっちり考えます。
http://www.110soho.com/atami/atami6.htm

--------------------------------------------------------------

※全部読まなくても良いから、写真の部分を読んだだけでも、大幅に実力アップすると思います。

ザ・コピーライティング




mixitop

※mixiもやっています。マイミク申請は、お気軽に♪
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=826778




最新コメント
トラックバック
心惹かれるセミナーを三つご紹介 (門司港に暮らしながら-ココログ別館-)
今日の予定
皆さんは占いを信じますか?? (女の子による女の子の為のサイト情報)
リアル・ターゲット
宝地図 (腰抜けの尻餅)
年末
福山 不動産 2006 謹賀新年あけおめの巻 (福山市の不動産情報、アストモ不動産 石岡一郎です。『みなさん元気ですかぁー』               お問い合わせは、0120-998-339営業時間9:00〜19:00まで)
新年のあいさつ。
北朝鮮 丹東 (なきぼくろ  (・^^))
ブロードバンド時代
パッパカッぁあれあれ (ぷぷりぷりモンブラン)
もっと遊べ!
盛岡市 大掃除 やっとメニューが・・・ (盛岡市の大掃除は盛岡ハウスクリーニングセンターにお任せ下さい!)
地域密着ホームページ
きのこ (よろpikoヽ(*^0^*)ノ)
キャプション
商売の本
QRコード
QRコード
Profile
  • ライブドアブログ