1月の金繰り表、普通でやると月末800万円の資金ショートで始まった。
何とかかんとか、家計簿的やりくりして、「目先の現金のための販促」をやって、
2月にしわ寄せして、クリア。
 
2月の資金繰り表、1月のしわ寄せなどなどから、なんと月末1200万円の資金ショート
予定から始まった・・・ふ〜〜。
しかし、またまた、伝家の宝刀「目先のキャッシュのための販促」をやって、
多少3月にしわ寄せして、クリア!!
 
まあ、とにかく、売っても売っても金はなかなか足りんわけだが、その元凶は「借金」!
元金+金利の「自業自得のあり地獄」を抜け出さんと、8合目突破!と言うところでしょうか。
最後の踏ん張りどころ、気を抜かないようにね。
 
よく、自分で商売するのに、まず「借金」と言う人がいますが、
「借金はやめたほうがいいですよ」と必ず言います。開業資金とか、必要なことはわかるけど、
適正な範囲内でと言う気持ちもわかるけど、でも私とすれば「やめたほうがいい」といいます。
 
だって、もったいないから。金利が。
 
借金しない分、資金不足で開業が遅れても、遅れたほうがいい。
それまでに、しっかりと自己資金ためて、やった方がいいと思う。バイトでも。
それか、資金無しでできる商売を考える。
 
荒っぽいけど、そう思いますね。だって、早々カンタンには、儲かんないのよね。
 
「目先のキャッシュのための販促」は、麻薬です。
 
これは何を意味するかと言うと、私の店の「ブランド資産」の切り崩しです。
もちろん、今まで築いてきた「ささやかかつ、チンケなブランド」だけど、その積み重ねが
あるからこそできること。しかし、切り崩しに他ならない。
 
どんなに、イベント性や理由付けをしてもね。
 
今はただただ、お客様がこの販促を「うちならではの楽しみ」として捉えてくれるなら、
こんなに嬉しいことは無くて、定番にしたいけど、もしそうでなければ・・・・と、祈る気持ち。
 
「目先のキャッシュのための販促」が、いい方向に転ぶのか?悪い方向に転ぶのか?
 
スリル満点ですね。
 
おもしろい日記↓
 
 
ブランドblog 「マーケティング、その前に!!!」 
  ↓
 ※なかなか、先に進まないブログですが、時々チェックしてください。