昨日は、アンケートにご協力いただきありがとうございました。
 ↓こちら
http://blog.livedoor.jp/loveletters/archives/51170817.html


おかげさまで、すでに40人以上のご回答があり、サンプル数としては十分な状態となりました。しかし、まだ昨日のメールマガジンからのご回答が続々と寄せられるでしょうから、かなり精密なアウトプットができるのではないかと期待しています。

このアンケートの結果を、ざっと眺めていまして、つくづく感じるのは、

「秋武に対するかなりの期待感」

です。自分で言うのも変な話ですが、しかし、これは見事に「ニーズ&ウォンツ」と「感情価格」に現れてきます。

どういうことかといいますと、

「おれは、お前んところの客なんだから、そんなありきたりな商品ばかり売らないで、もっと俺を納得させるようなものを売れよ!それ相応のお金は払うんだから」

というようなことです。売り手の良さを理解した非常に上質なお客様です。

あなたのご商売でも、そのようなお客様はいませんか?

このような方々が、これからこの会の核となり、原動力となって、そしてブランド力を高め、盛り上げていくのだろうなと、とても力強く感じます。うれしいことです。(まだ、プロジェクトを進めるかどうかは、判断しかねてます)

本ではふれられませんでしたが、アンケート一つでも、やり方によって回答者の「物語=感情」を見てとれる恒例だと思います。皆さんのお気持ちに感謝です。

その裏返しで、生半可なことはできないという責任というかプレッシャーをひしひし感じてしまったりするのです。

今回のアンケートではそのような見込み客(あえて見込み客と表現させていただきますが)が、行列を作っている状態です。まるで、開店前のシャッター前行列のようです(^^)いいですね。こんな緊張感。新規オープン店舗の開店準備と同じです。

しかし、改めてもう一度言っておかなければなりません。

----------------------------------------------------------------

ご参加に当たって、あなたのリスクというか、私からの一つのお願いとしては、「ベイビーシッターのようなサービス」は期待しないでほしいという事です。自ら貪欲に、情報誌やメンバー同士の交流から、自分の力としてほしいのです。

----------------------------------------------------------------

私が手を抜くということではありません。できることしかできないし、、けっして素晴らしいノウハウを持ってるわけでもないし、私の役目は、とにかくこの「お客様の声」というメソッドを普及させ、会員相互の「グループ・ダイナミクス」を最大限に高めることだと認識しています。

その媒体として、皆さんの「事例報告」を集めた「情報誌(ニュースレター)」をフル活用した実践型組織を作りたいということです。

皆さんの実践がベースです。私は脇役です。(お願いですから脇役にさせてください)

私のいう実践とは、「報告」のことを言います。やったことを報告して初めて実践です。だから、ほかの人の実践報告を眺めているだけ、あわよくばパクってやろうなんて心持の人がいたりすると、かなりみんながしらけます。

実践する、さらに報告するというのはとても難しく、根気のいることです。だから、そう簡単にはできません。「はずかしい」とか「わたしじゃだめなんじゃないか」とか「えんりょして」とか、そんなくだらん理屈をくっつけて、ついつい報告を怠ったりします。そんなもん、すかしっ屁と一緒です。クサイだけです。

もちろん、「初めからガンガン実践報告しなさい」なんてのは、無理があろうかと思います。しかし、いつかはじぶんもしっかりとした「実践報告をしたい」この気持ちをしっかりと持ちつづける方々が入るべき会なのではないかと思うのです。
その心を、あなたの会社の業績アップのエンジンとしていただければとてもうれしく思います。

そういう人たちの集まりだからこそ、お互いに安心して応援できるし、自分の情報もどんどん外に出せるようになるのです。

すみません。まだ、始まってもないのに、言葉が過ぎますね。

もう少し時間をください。私のmixiやメルマガ読者とは、少し違ったコミュニティでもこのアンケートを試してみたいと思います。

では、持ち場にもどりま〜す!。です。

・・・キャンペーンのプレゼント発送が山ほどたまってます。。。

◎まだ、アンケートにご参加されてない方は、
 ↓
http://blog.livedoor.jp/loveletters/archives/51170817.html

参加することによって、そのアンケートの真意の理解と、あなたの実践が始まります。