こんにちは、秋武政道です。

まずはこっちの順位。確認しといてね。


昨日は、このブログ、過去最高のアクセスでした。
ありがとうございます。しかしながら、なぜか?LIVEDOORランキングポイントは上がらない。
これっていったい、どういう仕組みなんでしょうね?昨日は、アクセスは多いし、トラックバックもツイテルし・・・・あ!!!わかった。コメントの数だ!!!

■希望的お願い!!

 『こんちわ〜〜』 の一言でも良いから、コメント残してみてね。どのくらい集まれば、どのくらい上がるのか?見てみたい。う〜〜ん、目標200でどうだろ?どうぞ、ご協力よろしくお願いしまう!!!

今すぐ、「こんちわ〜〜!」ね。

------------------------------------------------------

さて、約1ヶ月間サンキューレターを扱ってきましたが、皆さんいかがでしょう?意外と奥深かったのではないでしょうか?私の考えでは、サンキューレター一つに、経営者の考え方や会社の仕組みが凝縮されるといっても良いと思っています。特に、中小企業ゲリラで延びて行ってる会社は、その辺りをしっかりとわかっている。お客様との「コミュニケーション」が大切だってことが、いやというほどわかってるんですね。

たった、50円一枚でできるマーケティングの始まりだからね

しかし、私も、色々と能書きたれてきましたが、そろそろ皆さんの本当の欲求に答えないといけませんね。

 『ところで、皆さんはどんなサンキューレターを出しているんだ???』
 『実例が見たい!!!』


これですね(笑)

ここまで、よくついてきてくださったあなたですから、この「裏の欲求」には、しっかりと答えなければいけないでしょう。お任せください。幸いなことに、私のもとには、たくさんの事例が・・・

 ありません!

もう一度、言います。あなた様に、見せて参考にしていただくようなたくさんの事例が、まだ、

 『ありませーーーん!!!』

もちろん、もうすでに私にサンキューレターを送ってくれている方はいらっしゃいます。それはとても皆さんの参考になるものです。しかし、まだまだ数が少ない。もっともっと、いろんな方に適合するような事例を集めたいと思っています。

そこで、一つ、あなたにとってとても価値あるお話をいたしましょう。

現在私は、このブログの記事やコメントをまとめて、「サンキューレターマニュアル」の編集作業に入っています。つまり、すでに膨大になりすぎて、後々読むのが大変なこのブログのエキスをまとめて冊子にしようとしています。さらに私の解説を盛り込み、事例を挿入し、あなたにあった使い方のできる「感謝を売上利益に転換できる」サンキューレター手引書を作成しているのです。

これは、あなたのご商売を180度転換するほどのメガトンツールとなるでしょう。なぜなら、私たち経営者や営業担当者にとって一番厄介な問題は、「あなたが意図してくれてるように、勝手に会社が動かない!」ということではないでしょうか?

もっとわかりやすく言うと、

「社長のあなたがいなくても、儲かる会社にしたい!!」

ということではないですか?そうなんです。私もそうです。サンキューレターを出したい。セールスレターを出したい。ニュースレターを出したい。お客が勝手に集まってくるチラシをつくりたい。しかも、それを全部社員がやってくれる。そんな会社にしたい!

中には、社員はこれ以上増やしたくない方がいるかもしれません。そんな方でも、できれば、しっかりとダイレクト・レスポンス・マーケティングやゲリラマーケティング、顧客ロイヤリティー理論を理解した広告代理店に任せたい。そう思っているのではないでしょうか?

今このブログに集う優秀な方々を見てください。ボウラーKさん、マッキーさん、kurotomさん、ねむの木さん、じにあすさんなどのコメントから見ても、きちんと会社の仕組みとしてまわしてるのが伺えます。私自身も、サンキューレター(兼初回売り込み)に関して、私自身が手を出したりすることはありません。社員や内職、外注業者(SOHO)にお任せです。

しかも、その社長以外の社員の作業が、お客の固定化や顧客の信者化、リピート誘発など「感謝の現金化」に繋がっていることがお分かりだと思います。今ご紹介した方々が、余裕綽々で現場作業に追われることなく、次の戦略をなってる姿が手に取るようにおわかりでしょう?


「社長のあなたがいなくても会社が儲かる!!」


これは、まさしくこのサンキューレター発行という、一番カンタンな、しかし、一番継続の難しい行動を「仕組みにする」ことから始まるのです。

そのサンキューレターを発行するためのエキスを凝縮した最高のテキストが、この「サンキューレターマニュアル」となります。

私が、このマニュアルは、あなたにとってメガトン級のツールになるという意味がお分かりでしょうか?

このマニュアルを手に取るだけで、

   ・なぜサンキューレターが必要なのか?
   ・どのようなサンキューレターを出せば良いのか?
   ・あなたの事業に対する思いをどのように表現するか?
   ・その思いの具体的盛り込み方とは?
   ・接客から後につづく、顧客啓蒙活動への仕組みのつくり方とは?
   ・その仕組みを社員に定着させるポイントは?
   ・そしてその豊富な事例


さらに、私の詳しい解説と私の会社で使っている封書のサンキューレターも解説つきでお付けいたします。

そして何といっても、冊子にするメリットは、いつでも手元に取り出せるということです。いちいちパソコンを立ち上げ、ブログを開き各当箇所を探し出し、プリントアウトして読む必要もありません。もちろん、冊子にあなたが気づいたことを自由に書き込んで、あなたならではのマニュアルに仕上げることもできます。

これを読んで、実践するだけで、わずらわしい作業が他の人に任せられ、あなたがいなくても会社が儲かる仕組みが築けるこのマニュアル、仕組みさえできれば、あなたに継続的に何万単位の利益をもたらしてくれるマニュアルです。ところで、いったいいくらで販売される予定でしょうか?

5万?10万?100万?
いえいえ、そんなに高価にはいたしません。
しかし、何の痛みも感じないような値段では、結局何もしないで無駄になってしまいますから、ちょっと、気合の入る値段ですね。

ぜひあなたの出している、あるいは出そうとしている「サンキューレター」を私にお送りください。

サンキューレターの事例をお送りくださった方の中から厳選事例11には、このマニュアルを無料で差し上げます。よっちゃん、備後の柴犬さんなど、すでにお送りいただいた方は、もう無料でお送りする手続きをしています。ですからあと11名です。私の独断でみんなの参考になる事例を選考させていただきます。

期限は、2004年11月30日まで。(必着)

送る手順はカンタンです。

下記の住所に郵送か、FAX、あるいはメールで画像をお送りください。
できれば、その作成意図を付けていただければ、とてもうれしいです。

----------------------------------------------------------------------

○あなたのサンキューレターを私にお送りください。

  ・ハガキ、封書、サンキューメールなど

■記入必要項目

  ・会社名
  ・お名前
  ・役職
  ・作成意図

■送り先

801-0802
福岡県北九州市門司区白野江2-12-25
日本ひもの産業内 秋武政道
FAX 093-341-2964

E-MAIL info@110soho.com

---------------------------------------------

では、あなたのサンキューレターこころよりお待ち申し上げます。


                                            秋武政道


追伸 このブログは、皆さんの実践を共有することで、その存在価値が上がります。
    残念ながら、自分は何も出さずに、他の方のノウハウを吸収しようといわれる方も
    いらっしゃるようです。これは、すべての方のノウハウの出し惜しみに通じてしまいます
    ので、近々やる気のある方だけのだけのメンバー制に移行する予定です。
    過去、私のほうに何らかのお名前をお残し下さった方に先にご案内する予定です。
    ぜひ、この機会にサンキューレターをお送りください。もちろん、作成案でもかまいません。